• HOME
  • STORY
  • 【後篇】「私の性は今後どう扱っていけばいいの?」セックス嫌いな夫と妊活した話

【後篇】「私の性は今後どう扱っていけばいいの?」セックス嫌いな夫と妊活した話

STORY

「性に対して興味がもてない」と話す夫、アキラさんと結婚した春香さん。

6年のセックスレスの期間を過ごしたが、2人に「子供が欲しい」という気持ちが芽生え、妊活することを決意する。

話し合った末、男性不妊の先生がいる不妊クリニックに2人で診断しに行くことになった。

前半記事はこちら

不妊クリニックに2人で

「最初に先生から、『月に何回行為をしてますか?』と聞かれ、つい嘘ついて『1回』と答えてしまったんです。

不妊クリニックに来ているのに、セックスしてないと伝えるのはどうしても気まずくて…。でも嘘をついたのにも関わらず、『それは少ないです。』と言われてしまいました。

『妊活してるなら最低でも排卵日の前に2回は忙しくても頑張ってください』と言われ、夫もそこから真剣に考えるようになったと思います。」

不妊クリニックでは、基本的な身体の検査も行うことになっていた。春香さんは卵巣の診察を、アキラさんは精子の診察を受けることになった。

「夫は問題なかったのですが、私は卵子の数の測定で、年齢と比較すると卵子の数が少ないと言われてしまったんです。今32歳なんですけど40歳想定だと言われました。個人的にもショックだったんですけど、それを旦那にもしっかり伝えようと思い、『もし子供を真剣に欲しいんだったら、早めに行動しないと、あんまりのんびり構えている時間がないよ』って伝えました」

診察後、最初はタイミング法で排卵日の前に月に2回くらいセックスすることに決めた。

いよいよ本格的に妊活がはじまることになる。

春香さんは6年ぶりに彼と身体を合わせることになったのだ。

 

6年ぶりのセックス

アプリで生理日を管理し、排卵日の予測を立て、2人の共有カレンダーに印をつける。

そして、その前々日くらいから排卵日検査薬を使い、反応があった日に、「検査薬反応してたよ」とアキラさんに伝えた。

「最初にセックスをしよう決めていた日は、正直全然できなかったです。お互い、『なんだっけこれ?』という状況になってしまい、続けることができず。今日はもう一旦これでいっかといって中断しました」

2回目以降からは、最後まで行為を行えるようになった。

1回成功体験をしたことにより、自信につながりそれ以降はスムーズにできるようになったのではと春香さんは話す。

しかし、失敗するとまた来月になってしまうので、アキラさんは日に日にプレッシャーを感じていたようだ。

「向こうもすごいプレッシャーになっちゃって『今日しなきゃな〜今日できるかな…』とどんよりした感じが正直に出ちゃってるんですよね。すごいプレッシャーを感じていたと思いますし。そんな状態で逆によくできたなと思います」

春香さん自身も毎月行う行為は苦痛だったという。

「私も本当久しぶりすぎて結構痛かったんです。
だからお互いそんな楽しんでいる余裕はない感じです。妊娠させることが第一目標みたいな。向こうもそんなに楽しんでいるという感じではなかったですね。30分とかの前戯で挿入を行いすぐに終わらせました」

ネガティブな発言をしないように

「久しぶりのセックスで、何か気をつけたことはありますか?」と私は聞いた。

「雰囲気づくりは特にはしてなかったんですけど、ローションとかのちょっとしたアイテムを用意したりしましたね。あとは、とにかくプレッシャーを与えないように意識しました」と春香さん。

何も言わなくても勝手にプレッシャーを感じているアキラさんに、それ以上圧力をかけたくなかった。

「性行為ができないことによって、男性が自信なくなっちゃうこともあるという話も聞いたことがあったので、『なんで今日できなかったの?』とか『絶対に今日できないとだめだよ』とかそういうネガティブな発言はしないようにしました。
できなかったらできなかったでいいよみたいな。むしろ私はできなくても全然平気ぐらいなスタンスでいるように心がけました」

半年が経過し、2人の努力が実り妊娠することに成功した。

「妊娠がわかった瞬間は、すごい喜んでいました。

すごい長期戦になると思ってたので、あと数が月タイミングでできなかったら人工受精にステップアップをしていかないとねという話をしていたので、とにかく安心しました」

出産後再びセックスレスに

春香さんは無事出産し、可愛い女の子が生まれた。子育てに奮闘する毎日に充実していると話す。

ただ、出産が終わり、気づけばまたセックスというものが2人の間になくなっていった。

元々「性に対して興味がもてない」と話していたアキラさん。妊活目的でセックスをしていたからか、それが達成されて以降はピタっとセックスの誘いがなくなったのだった。

「とりあえず今の所は、出産後の忙しさもあるので特に不満になったりはしてないですけど、いずれちょっとさみしくなる可能性はありますね」

アキラさんにとってのセックスは、子供を作るための手段でしかなかった。愛情表現としてのセックスを求める春香さんにとって、セックスがないことによって寂しさを感じてしまうかもしれない。

「女としての楽しみがこれからなくなるのかもしれないし、異性として見てくれてるのかという不安を感じる時もあります。一応言葉では褒めてくれる人で『かわいいね』とか、そういうのは言ってくれるんですよ。普通に好いてくれているのはわかるんですけど、本当に性的な欲求だけがないんだなっていう」

何も言わなかったらこのままセックスがなくなりそうな気配を春香さんは感じていた。

「昔『頑張る』と言われて何も行動がおきなかったじゃないですか。多分またどうするの?と聞いても、『なんだかんだ今日は仕事で疲れちゃったから』といってずっと流される気がします」

「セックスレスについてどう思いますか?」最後にこう質問をすると、春香さんは

何秒か考えてからこう答えた。

「男性側がOKな場合の方が解決しやすそうじゃないですか?男性側のやる気がないと勃たないしそもそも行為が成立しないですし。
私も今後、自分がどういう気持になるかわかりません。もしかしたら子育てに追われてそういう気持ちも薄まるかもしれないですし。自分の様子を見て考えていこうという気持ちです」

春香さんがまた「寂しい。」と伝えたら、アキラさんはどう動くのだろう。「頑張る」「忙しい」といってその話題を避けていくことは安易に想像できる。

できないならできないでいいのかもしれない。

そしたら2人で今後どういう風にすればお互いが幸せなのかについて話してみれば良いのではないだろうか。

2人の愛情確認に、必ずしもセックスしなければいけないというルールはないのだから。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

PAGE TOP